家づくりの流れ    

流れ.jpg

  設計から完成まで建て主の立場で施工者とともにより良い家づくりを進めていきます。

  家づくりの流れ 費用等



約1~3ヵ月 
お問合せ  メールやTELにてお気軽にお問い合わせください。 無料
顔合わせ 住まいに対する想いや敷地の状況、予算等をお聞きします。
費用はかかりませんので、お気軽に相談にお越し下さい。
事務所では、自邸をモデルルームとして見学できます。
空間の雰囲気や材料の質感を体感していただけます。
ご提案 住まい手のご要望を基に、間取り等の提案をさせていただきます。
(打ち合わせ2、3回程度) 

約2~3ヵ月 
設計契約 ご提案に納得された段階で、設計監理契約を結びます。 設計監理料の30%
基本設計 ご提案をもとに図面を作り、さらにご要望を整理します。
敷地の地盤調査を行い間取りと構造計画の基本方針を固めます。
断面、立面、内部の計画を進め、大まかな仕様を検討します。

実施設計 基本設計が完了したら、詳細な図面で、意匠や構造や設備を検討していきます。
この図面が工事見積もり用の図面になります。
 
確認申請 実施設計をもとに申請図面を作成を行い、役所に提出し、建築の許可を取得します。  
見積り 実施設計図をもとに、施工業者に工事費用の見積もりを出してもらい、厳しくチェックします。  
見積り調整 見積りを設計者が査定し、予算に応じて実現可能なものとします。  


約5~6ヵ月 
工事契約  工事費の見積り金額と予算とが合ったところで、住まい手と施工担当者との間で工事契約を
結びます。
設計監理料の40%
工事着工 着工時に土地の神様を祭り、工事の無事を祈願する「地鎮祭」を行います。住まい手、大工、
設計士が参加します。

工事監理 着工前から施工するために必要な詳細図を作成します。
工事が始まりましたら設計図通りに工事が進められているか
1ヶ月に3~5回程度、現場にて確認をします。
また、工事のポイントで建主さんに現場にて打合せ、説明をします。
必要に応じて造園の計画をします。

上棟  家の骨組みの完成です。工事で一番の見どころです。 設計監理料の15%
完了検査  設計・施主・指定機関による完了検査を行い、完成の内容を確認します。
引渡し 完了検査により指摘があった部分を修正して、施工業者からの引渡しとなります。 設計監理料の15%
アフターサービス アフターケア

竣工1年検査を行い、不具合のある場所などありましたら直してもらいます。
その後も施工会社と連携をしてアフターケアを行います。
また、生活の変化等による建物の増改築などご気軽にご相談ください。



■設計監理料について
設計監理料は、設計業務と工事監理業務を行う際の費用となります。
金額については、物件の規模や用途等に応じて見積りをさせていただきます。
一般的な木造住宅の場合で、工事費のおおむね10%を目安としてお考えください。


■設計監理料に含まれないもの
・設計の前提条件の調査費用(敷地測量、地盤調査など)
・建築確認申請にかかる審査機関への審査手数料
・建築確認申請以外の申請手続
・遠方への出張旅費は別途ご相談させていただきます
・近隣説明に附帯する業務経費