どんな家が建てたいのかコンセプトを明確にする

住宅の購入は一生に一度の大きな買い物です。住宅を建てたいと思っている皆様があれもしたいこれもしたいと考えるのは当然な事です。しかしながら住宅の建設には必ずコストがついて回るもの。理想の住宅を実現し、なおかつローコストにするにはまずどんな家にしたいのか家づくりのコンセプトを決めることが重要です。「環境に優しい自然素材の家」「プライバシー重視の静かな家」など、クライアントの皆さんが理想の生活を、コンセプトにすることがローコストへの第一歩です。

内観.jpg

設計段階で予算、プラン、仕様を納得いくまで詰める

設計は、コンセプトに沿った空間イメージを図面に描くことからら始まります。ある程度かたちが決まったら、概算見積書を取り予算の検討を行ないます。設計が進んでしまってからの大幅な変更は、余計な出費がかさんでしまいます。結設計室では設計に十分時間をかけ、間取りの検討、予算の検討を行ないます。

床面積を減らす工夫が、ローコストを実現する

通常、工事費用は床面積あたりの単価で決められています。つまり、床面積が小さければ小さいほどかかる費用は安くなるわけです。クライアントの皆様の要望を満たしつつ、ローコストな住宅を建てるには、できるだけコンパクトに作ることが求められます。ここが建築家の腕の見せ所です。また、住宅はただ広ければ良いというものではありません。家自体は小さくても、間取りの取り方やレイアウトの工夫次第で広く使うことが可能です。コンパクトで内容の濃い住宅をご提案を致します。

配置図.jpg

シンプルな構造の箱型がコストダウンの秘訣

家の形や各パーツのデザインは、シンプルが一番。理想的には箱型、長方形に近い形がベストです。また、コスト面だけでなく、家の耐久性を考慮しても、長方形のシンプルな形が優れています。メンテナンス費用のためにも耐久性は重要です。

上からパース.jpg

同一材料を使い、職種を絞って経費や無駄を削減する

ローコストな住宅を建てるにはできる限り、同一の材料を使い全体を構築しましょう。そうすれば材料を安く大量に購入でき、無駄も少なく済みます。職人を多く雇う必要も無くなるので、手間賃を抑えることができます。

ほぞ.jpg

既製品やリサイクル品を上手く活用する

建具や照明器具は、安くて頑丈な既製品を使用しましょう。空間の良し悪しは部分的なデザインで決まるのではなく、全体の構成で決まります。細かな部分には固執せず、全体として調和が取れる様設計するのが重要です。また、リサイクル品を使うのもローコストな住宅を建てるコツです。ものによっては中古品の方が風格があってよく見えるものもあります。

日当りと風通しがランニングコストを抑制する

住宅ができてもお金はかかります。いわゆるランニングコストです。結設計室では設計段階からランニングコストがかからないよう、省エネ対策を中心に気を配っています。エアコンなどはなるべく使わなくてすむよう日当りがよく日差しが部屋の奥まで入るよう空間をデザインをしております。また、夏の暑さを少しでも抑えるために、屋根から廃熱したり高窓を設けたりしております。

通風.jpg

メンテナンスのしやすさが経費削減のポイント

住宅のローコストとは家の完成をもって終わるものではなく、家の寿命がつきるまでのトータル期間で考えなくてはいけません。そのため、完成後にかかるコストにも目を行き届かせる必要があります。特に配管などの設備は寿命が建物よりずっと短いため、メンテナンスのしやすさが経費削減のポイントとなります。床や天井裏なども点検口を設けておけば、メンテナンス費用の抑制の貢献してくれます。そのほか壁や床材の塗装なども長持ちして手入れのしやすいことにも気を配っております。

部分的なセルフビルドで楽しみながらコスト削減

クライアントの皆様が住宅の完成に立ち会えるよう、結設計室ではセルフビルド支援を行なっております。作業内容は1日~数日でできあがるものが多く、初心者の方でも十分できる作業内容です。本来職人が作業内容をこなすわけですから建設コストの削減にもつながります。住宅の完成に立ち会うことで住宅に愛着が生まれるとの評価を頂いております。

セルフビルド2.jpg

100%完成した家を最初からつくる必要はない

家に求めるものは住む人の人数、その状況によって異なります。はじめから、100%完成したものを求めるのではなく、後回しで良い物は必要になった時点で作る。これがローコストな住宅を建てるための秘訣です

内観台所.jpg

参考文献:「いい家」はローコストで建てる 永岡書店

      結設計室 関谷真一(監修)